スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルボルンの街をちょっとご紹介 

 04,2013 21:39
オーストラリアから日本に引っ越してきて今日でちょうど一ヶ月。

写真の整理をしてたら、懐かしくなってしまいました。

オーストラリア南部にあるメルボルン。私達はここに4年住んでいました。

iphone 078

ここはメルボルンの中心街で、世界で一番長い(長いって。。笑)カジノがあるホテルの前。

夜はライトアップされていてキレイ。ディナー付きのクルージングもあります。

5.jpg

ここはウィンザーホテルといってビクトリア調の大きなホテル。

メルボルンにはこんな古い建物と、モダンな建物が混在していて、ヨーロッパの古い文化も残っていて、とてもユニークな都市です。

アーティスティックな人が沢山住んでいるメルボルン。

芸術や文化、食とワイン、世界的なスポーツイベントなど複合的な楽しみ方ができます。

メルボルンのあるビクトリア州はオーストラリアでも有数のワインの産地が点在していて、おいしいワインと食事も楽しみの1つ。

オーストラリアでコーヒーを最も消費する都市でもあるメルボルンはカフェ文化が根付いていて、街のあちらこちらにお洒落なオープンカフェがあり、地元オージーにも人気です。

7.jpg

市内をトラム、鉄道、バスが網羅していて旅行者も移動しやすいメルボルン。

6.jpg

夜はこんなトラム内でディナーをしながら市内周遊できます。

トラムの本数も多く、かなり遠いところまで行ってくれるので、車がなくてもいろんなところに遊びに行けます。

4年も住むとさすがにほとんど行きつくしたけど、かなり遊ぶところの多い都市だと思います。

日帰りできる観光地も多いし、アートやミュージックも楽しめるし、レストランやカフェも多いし、ショッピングできるところも沢山あるので、毎週新しい場所に遊びに出かけていました。

しかも、世界各国の文化がミックスされて、とても刺激的な都市でした。

イタリア人街、中国人街、ベトナム人街、イスラム教の人達の暮らす街、ギリシャ人街、レバノン人街などなど。。

ちょっと大げさに言えば、メルボルンに行くと世界一周旅行した気分になるかもしれないです!

今は飛行機も安いので、旅行におすすめでーす☆

いつも読んでくれてありがとうございます。
応援にぽちっと押してください↓
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村


関連記事

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。