スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「働かざるもの食うべからず」なんてもう古い?

 28,2015 06:22
sandwich.jpg

8つも年下の主人は、まだまだ20代で育ち盛りなのか、まあよく食べます 笑

仕事や遊んでる時間より、食べてる時間の方が多いんじゃないのか?ってくらい 笑

多分彼は一日に集中して働いてる時間は2時間くらいです。

人生の90%くらいは楽しい事(食べる、遊ぶ、寝る)をしているんですよね。

「人生いかに楽してお金を儲けるか」

「寝てても稼げる職業を極める」

をモットーにしてきた彼は、私の5分の1以下の労働時間で給料はほとんど一緒。

しかもインカムはUSドル、豪ドル、日本円と好きに変えれるし、ゴミも一切出ないしネット環境さえあれば何処でも働ける。

私は、、、安定した収入を求めるために暇さえあればコツコツ働く典型的な日本人。

気が付けば12時間くらい働いていたり土日も仕事の延長みたいなことばかりしています。。

働かざる者食うべからず的な考えが子供の時からインプットされていて、働けば働いた分だけ収入に比例すると思い込んでいるので、彼とはその点の価値観が正反対です。

仕事に対しての考え方って、生まれ育った環境とか働き始めた時のシチュエーションとかで考え方も変わってくるんでしょうね。

&お国柄も・・・笑

でも彼の自由さを最近はちょっとお手本にしてみようかなとも思ったり。

働かないものは食うべからずなんてちょっと言い過ぎですが、そういう考えは自分たちの首を絞めて社会を息苦しくしてるだけだと最近は思うのです。

全ての人が「食べるために働く」のではなく、「新しいものをつくりたい。もっと好きなことを極めたい」という動機で働くようになると素敵ですよね。

でも働かずに生きるとは、働かないことではないんですよね。

「働かずに生きる」

というのは、

「好きな事だけに目一杯時間を使って、それ以外の無駄なことは一切やらないし、こだわらない」

ってことなんですね。

ただ単に働かない生活をしていると、何も進化しないので。。。

私もこれからは毎日のタスクをもくもくとやり遂げることばかりに集中せず、そういうことも考えながら仕事していきたいな、と。

健康管理と一緒で毎日の積み重ねが大切ですね。

5年後は少しゆとりを持った生活が出来るといいな。



ブログランキング・にほんブログ村へ



オーガニック・ローフード・ヴィーガン食材専門店
banner.jpg

facebook.jpgtwitter.jpginsta.jpgpinterest.jpg
関連記事

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。