スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーフードを選ぶときに気を付けたいこと

 13,2015 06:10
acai_powder2.jpgacai_powder1.jpg

今日はスーパーフードを選ぶときに気を付けていることを書きます。

生の果実は輸入が難しく、スーパーフードはパウダー類が多いですが、アサイーやマキベリーやルクマやカムカムなんかもホントは生の果実を食べてみたいですよね。出来ればせめてドライフルーツとか。

パウダー(粉末)になるってことで、まず一応加工食品の部類に入っちゃいますが、購入(仕入)の時に必ず確認するのが、

原材料に、タピオカなどの由来のマルトデキストリンという添加物が入っていないかどうかってこと。

デキストリンをわざわざ使用する理由は、デキストリンで粉末の粒子をかなり細かいパウダー状に仕上げることが可能で、しかも安価なので企業が好んで使いたがります。スプレードライ製法と言い、デキストリンを加えた液体状の原料を霧状に噴出させ、瞬間的に粉状に乾燥する方法です。

デキストリンはトウモロコシのデンプンを培焼してアミラーゼというデンプンを消化する酵素で加水分解し、その中の難消化性成分を取り出して作られた、水溶性の食物繊維を難消化性デキストリンといいます。
既にトウモロコシとは全く違った物質になっているため、身体に入れても「何これ?」と対応できず(笑)、消化しません。
難消化性デキストリンは一般的に、水分を吸って膨らむ傾向があります。その為、お腹が張りやすくなる傾向もあります。

スプレータイプはフリーズドライ製法よりも粒子は細かく、溶けやすくなるので使いやすいですが、混ぜ物は混ぜものなので要注意です。

少量だったらいいかな?とも思いますが、主原料の50%以上で使われてカサ増ししていることもよくあります。

粒子が細かくてもデキストリンなどの添加物を一切使用していない製品もたくさんありますので、各商品ごとに確認した方がよいですね。

選ぶときのポイントとしては、

①製造工程を確認する。

②原材料名に、○○パウダーと書いてある場合は、その○○パウダーの中にデキストリンを含んでいる可能性があり、その場合デキストリン(タピオカ、難消化性デキストリン等)表記しなくても良いので、小売店ではなく原料メーカーによく確認した方が良い。
例)アサイーパウダー 
原材料名:アサイー or アサイー果実  ⇒アサイーを100%使用している。
原材料名:アサイーパウダー or アサイー果汁パウダー  ⇒確認した方が良い。

③デキストリンを使用していると、粉末がネチッとしてくっつきやすいテクスチャーだったり、甘味があったり、空気に当たると固まりやすい。指でつまんでみると、サラサラでドライな感触なら(多分)大丈夫。

ネトネトした物質が腸の中でヘドロの様なドロドロの状態になって膜をつくってしまえば、摂取した栄養を体がちゃんと吸収できなく なってしまったり、腸の働きや消化までもが悪くなり、逆に栄養不足や疲れがたまりやすい体になってしまいます。

どうして人間は不必要で不自然なものを好むのでしょうか?身体はピュアなのでついていけませーん(笑)

私も新しい食品は、まず自分で人体実験します(^^;

ちょっと多めに摂取してみたりして身体の変化を見るんですが、デキストリンを多く取ると血糖値が急上昇して心臓がバクバク、頭もグラグラします。白砂糖と同じような症状です。
お腹が緩むという話も聞きますが、数日間多量摂取を続けたわけではないので私は大丈夫でしたが、その日はやっぱりお腹が張りました。

スーパーフードは決して安くはありませんよね。

高額なお金を払っているのに中身の半分がデキストリンだったら悲しいです。

だからこそ、商品選びは慎重に吟味したいです。

当店のマキベリーやアサイーなどの全ての粉末タイプの商品は、デキストリンを一切使用していませんので、安心してお使いください!

只今マキベリーパウダーもプレゼント中↓↓↓ かなーりお得な期間です。
maquiberry_giveaway.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ


オーガニック・ローフード・ヴィーガン食材専門店
banner.jpg

facebook.jpgtwitter.jpginsta.jpgpinterest.jpg
関連記事

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。