家族がローフードを嫌がるケースが多いわけ

 24,2015 06:49
そろそろ、スローフードと間違われることも少なくなった「ローフード」。

日本でも色々な講師養成のスクールや先生も増えてローフードを実践されている方も増えていると思います。

もともと生野菜を頻繁に食べる文化の無い日本で、生野菜や果物がどれだけ身体にとってとても大切な食べ物なのかを教えてくれて、体調だけではなく、精神的にも清らかにしてくれるローフードという素晴らしい食生活が広まってくれて本当にうれしいですね♪

でもときどき、「わたしはローフード好きなんですが、家族が全員反対で・・・」という声を聞きます。

酷い時は、「もう今後二度と食べたくない!」とか「ローフードをこれからも出されるのなら完全に別々の食事にしたい」とか言われることもあるそうで。。

せっかく家族のためを思って(本人も楽しんでいますが)、ローフードを続けていきたくても、家族に猛烈に反対されたら続けるのは難しいですよね。。

で、ちょっと時間があったときに、何で男の人や子供がローフードが苦手なのか?と考えてみました。

そして理由がわかった!

それは、ローフードと言うとまずイメージするのが、

ロースープ、ローカレー、ローパスタ、ローピザ、ローラザニア、ローピザ、ローブレッド、ローケーキ・・・・

わたしも色々作っていましたが、そういえばローヴィーガン食にとってもポジティブな主人も、ロースープ、ローカレー、ローラザニアなんかを出してもあまり喜んでくれない。。。

最初は、「あ、わたしのローフード、まだまだそんなに美味しく作れていないんだな。」とも思ったりしましたが、そうじゃなくて、もうあの離乳食みたいにモッチャリしてて、冷えてて、塩気が無くて、本当の加熱したオリジナルを知りながら食べてしまうと、やっぱり全然違いすぎて食欲を無くすんだ・・・とわかってからは、そういうローフードを作ることもどんどん減ってしまいました。

今美味しい美味しいと言って食べてくれるのは、ロースイーツとディハイドレーターで乾燥させたロースナックのみ。

夕食も結局主人が美味しそうに食べているのは、サラダとあとは、大豆からあげとかダールカレーとかローストベジとか、ボリューミーなヴィーガンミールばかりで、ローはサラダかキュウリの塩揉みくらい(笑)

よく考えてみたら、わたしも昔はお酒もタバコも吸うし、焼肉、ラーメン、コンビニ食、ファーストフード普通に毎日どれかは食べていたかなりのジャンキーガールだったので、ロー反対の意見もよくわかる。

でもだからってローフードを作るのを諦めたくはないし、全然諦めなくてもいいと思います。

ロー100%とか、白黒はっきりしたくなる気もわかるけどね(^^;

男性に喜ばれる、子供にも、両親にも喜ばれるローフードとは、、、

やっぱり、

(普段の食事or主食にプラス)
・スムージー&コールドプレスジュース
・くだもの (カットしただけとかフルーツポンチとかシンプルなもの)
・サラダ  (あまり気取ったものではなく、胡麻ドレッシングなどの普通のサラダ)
・野菜の海苔巻 (手巻き寿司できゅうり、大葉、アボカド、スプラウト類などの生野菜をたくさん用意するetc)
・納豆に色々チョップした野菜を混ぜ込む (夏野菜は特に合いますね♪)

(市販の乳製品や調味料の代わりに)
・ローヴィーガンチーズ、ミルク、マヨネーズなど  (クセの無いカシューナッツやマカダミアナッツで作る。)

(市販のお菓子の代替に)
・くだもの again
ナッツドライフルーツのMIX (ニブルミックスがおすすめ)
ローケーキなどのスイーツ  (ザラツキがあると嫌がられるケースが多いので、高速ブレンダー必修。)
チアプディング 
アサイーボウル
ローチョコレート
ロースナック  (ディハイドレーターで作るナッツや野菜のパリパリスナック♪)


こういう食事だと、どんな人も食べてくれるのではないでしょうか?

サラダといっても色々あるし、サラダの中に加熱した豆類や根菜類を入れてもいいし、酢の物とか浅漬けでもいいですし☆

そういう食事を何も言わずに普段の食事に少しずつ取り入れてみるのが一番いいと思います。

コツは、「これローフードなの」とは絶対に口にしない事・・・(笑)

気が付けば毎日の食卓に、スムージーかサラダかフルーツがあり、みんな普通にそれを食べている。

そのうち生野菜やフルーツがないと身体が物足りない感覚になって、自ら求めてくるかもしれません。

なのでまず家族には完熟のカットしただけの旬のフルーツを差し出してみるのがいいですね☆

わたしも差し入れやプレゼントは、食品だといつもフルーツが多いです。

みんな絶対食べてくれますからね!

そうやってローフードには触れず、なにげなーく生食を多めにしておけば、病気知らずな健康な生活は送れると思います。

ローフードも色々あるけれど、全部が良いわけでもありません。

過熱することを悪い事だと思って、カボチャの代わりに人参を使ったり、豆の代わりにナッツを使ったり、ジャガイモや穀物を食べなかったり、そういうローフードはちょっと不自然な食事だと思いますし、栄養バランス的にもどうかなと。

ローフードをこれからも続けるために、ローフードをこれからも愛するために、少しでも多くの人にローフードの素晴らしさを知ってもらいたいために、そして継続して食べ続けてもらいたいために。

わたしにとって良いローフード、必要でないローフードを分けてみました。

他の方にもご参考になれば嬉しいです♪


ブログランキング・にほんブログ村へ

facebook.jpgtwitter.jpginsta.jpgpinterest.jpg
関連記事

Latest Posts