本当の幸せ

 06,2015 07:38
11140107_10153203057056508_5842928346087521346_n.jpg

雄に産まれてしまった卵用のひよこは、生まれてすぐに生きたままシュレッダーゴミ箱へ入れられミンチになるそうです。

知り合いでひよこ鑑別師の人が話してましたが、自分が殺すわけでもないし慣れるとなんってことないそうです。

私は今はヴィーガンですが、ついちょっと前まではキッチンで働いて、毎日鶏を何百羽捌いて、天ぷら用に何百匹もの海老の頭をへし折って、まだ皮膚が付いた牛タンを捌いたりもしていました。

全てもう死んでいる状態だったけど、あの時は見慣れてしまってそれを生き物だとは思ってませんでした。

さすがに食肉工場の牛・羊・鶏の見学や牛タンの塊(もろ舌。)を見た時にはうえーーーっとなりましたが。

なのでその「慣れる」という恐ろしい感覚はよくわかります。

でも!

でも!

本当にそれでいいのか?

そんな自分好き?

と考えた時、そんな自分は好きじゃなかった。何か後ろめたい感情もあったし、細かい感情まで覚えてないけどとにかく動物が好きなのに平気で食べたり調理したりしてる自分が好きではありませんでした。

卵を辞め、牛乳を辞め、あんなに大好きだったチーズも辞めて、少しずつゆっくりとヴィーガンになっていき、お肉を扱うポジションから離れたり、転職したりして、少しずつお肉や魚を扱うことも少なくなってから、ようやく後ろめたい気持ちが減って、自分の事が好きになり自信もつきました。

卵も乳製品も美味しいとは思わないけど、今でも外食では動物性を100%避けれません。

でも気軽に食べることだけはしないようにしたい。

「いただきます」と言えばよい、それもまたちょっと違う。(どちらかというとゴメンナサイかな。まあ、死んだ者から見ればどっちでもいいかもしれないけど)

若い頃は自分さえよければ幸せだったけど、

今はみんなが幸せそうにしている姿を見ることが本当に幸せと思えるようになった。

今後も自分軸をどんどん太くして、この本当の幸せを広範囲に広めていきたい。

それが私の役目です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Latest Posts