コーヒー愛好家

 23,2015 18:17
IMG_1449.jpg

オーストラリアに住んでから好きになったコーヒー。

それまでコーヒーは苦手でしたし、その辺の喫茶店のコーヒーの香りを嗅いでも全然いい香りだとも思いませんでした。

なのにオーストラリアのカプチーノにハマりにハマって毎朝飲んでいました。

お気に入りだった職場の隣のカフェ。

ここのカプチーノが美味しすぎて、毎朝仕事へ行く前に立ち寄ってました。

201505114.jpg

コーヒーは身体に悪いと聞いて一度やめたこともありますが、やっぱり鮮度の良い上質なコーヒー豆のあの香りを「毒」とは思えない。

ロー率の高い食生活中やファスティング明けはジャンクな食べ物にはとても敏感ですが、そんな時でも品質の良いコーヒー豆で淹れたコーヒーの香りは本当に幸せな気分にさせてくれます♡

ブラックはキツイので滅多に飲みませんが、ミルク(あればソイミルク)入りのカプチーノを一日一杯飲んでも特に身体への負担は感じません。

それより調度いい感じに脳を活性化させてくれるので朝の仕事もはかどるし、癒し効果もあるし、トイレにも行きたくなるし、ココナッツシュガー(外ではハチミツをもらいます。)を入れて飲むので甘いモノへの欲求が無くなります。

まあ、カフェインが入っているけど、所詮ただの「煎った豆」ですもんね。

カフェインはカカオや抹茶(抹茶はカフェイン含有量がもっと高いです!)やほうじ茶、麦茶、紅茶にも入ってるし。

まあ何でも摂りすぎはダメですけどね。

飲まない期間が長いと少量のカフェインにも敏感になってしまいますが、もともと植物に含まれているカフェインを悪いものだとは思いません。

悪いのは、タバコの灰の様な香りのコーヒー、インスタントコーヒー、焙煎し過ぎのテカテカ真っ黒コーヒー豆、古い豆、化学薬品などで不自然に取り除かれたディカフェなのだと思います。

20150511.jpg

今回は初めて成田発着だったので、東京にも数時間立ち寄りました。

数時間と言う時間制限のある中、オーストラリアに居た時から一度行ってみたかったシドニー出身Paul Bassettさんのカフェへ。

彼は2003年度「ワールドバリスタチャンピオンシップ(WBC)」で世界最年少でオーストラリア人として初の世界チャンピオンとなった方です。

201505112.jpg

ここでもカプチーノをいただきましたが、とってもまろやかで美味しかったです。

コーヒーとミルクの風味がキレイに合わさってとてもマイルド。(個人的にはもっとコーヒーが多くても良いカモ?)

お値段も東京なのにめちゃ安くてびっくり。その辺で働いてたら毎日通うかも 笑

201505111.jpg

他にも行ってみたいカフェもありましたが、時間がなかったので断念。

今度ゆっくり東京へ行く機会があれば、じっくりカフェ巡りをしてみたいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Latest Posts