スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のパラサイトクレンズ

 18,2015 22:07
春になると、めまい、吐き気、偏頭痛、貧血、ぜんそく、眠気、気だるい気分、ネガティブになる人も多いようですね。

もしかすると体内にパラサイト(寄生虫)がいる可能性があります。

面白いことに、「えー、そんなの稀でしょ?」「まさか私には!」「日本人だし!」と思っている人ほど要注意(^^;

パラサイトがいると特徴的な思考パターンがあるのです。

「いつも私ばっかり・・」的な被害妄想や自分の人生に無価値観な人も多い。

あとは何かの依存症だったり、感情の浮き沈みが激しかったり。。

驚く事にパラサイトの感情と自分の感情はリンクしてるんです!(というか、正確に言うとパラサイトの感情に自分の感情が押しつぶされちゃってる状態。)

外見だと、ほうれい線くっきり、白目がくすむ、目の下のクマ、生気のない印象など。

パラサイトは生肉、生魚、生野菜、汚染物質などにいて簡単に身体の中に入ってくることができるのですが、重要なのはパラサイトが住みにくい環境を作ること!!

パラサイトが好むものばかり食べていると、益々身体の各所に繁殖して脳や心臓がパラサイトでぎっちり埋まって最後には死んでしまいます。
(死んだ人間の頭や心臓や肛門(腸内)のすごーーーーーい写真を何枚も見ました。)

お刺身を良く食べる人は要注意ーーー!!
ほら、マグロのサクとかによく小さいのがいますよね。あれが体内に入ってどんどん大きくなるのです。
火をしっかり通すことである程度死滅させることができます。

あとは豚肉。
残念ながら豚肉は火を通して中まで真っ黒に焦がしても有鉤条虫というパラサイトは死なないそうです。
色々検索してみると沢山写真が出てきます。

パラサイトが好まない環境は、乳製品等も摂らないヴィーガン食、腸内を限りなくキレイに保つ事ができるローフード、定期的なファスティング(ジュースでもOK)です。

そんなストイックなの無理ー!って人はせめて生魚と豚肉は避けた方がよいかもしれません。

パラサイトに効くハーブなども色々ありますが、動物性を減らさないと、一時減ってもまたどんどん増えていきます!

逆にエサをあげなければ死んでいきます。(動物性食品)

そして腸の奥の方に溜まった死骸が、ファスティングなどでしばらく腸内を空っぽにしてエネマをすると出て来ます。

その場合死んでいない場合もあるそうです!(海外の人は結構平気で写真を見せたりする 笑)
見た目は白くて細く紐みたいです。

主人ももう何年もベジタリアンですが、今でもまだパラサイトが出て来ます。

死んでいるけど、いつになったら全部出て来るんだ?ってくらい出て来ます。

最近は過酸化水素水を使ったりしているんだけど、ファスティングと同じくらい効果もあります☆

春はやっぱり集中的にデトックスが必要!

ワタシも気合い入れて、週に1,2回はお水とハーブティーだけで過ごす日を作ろうと思います!!!



ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。