虹を食べる

 29,2012 22:04
photog.jpg

マーケットで買い物するとき、必ずいろんな色の食材を買うようにしています。

ダイエットにもいろいろあって、断食、ジュース断食(ジュースファースティング)などありますが、カラーダイエットというダイエット方法も昔(紀元前)からあったそうです。

7色の食べ物を1週間に1カラーずつ食べていたそうです。

最近はレインボーダイエットとも呼ばれているみたいです。

全ての食べ物にはカラーがあって、それぞれのカラーで栄養素も違うそうです。

例えば野菜や果物の色が、

赤なら、(トマト、パプリカ、いちごなど)

繁殖能力、ホルモン分泌線に良く、

元気でパワフルな気持ちに。



オレンジ色なら、(人参、みかん、マンゴーなど)

筋肉と骨に良く、

楽しみ、好奇心、幸せな気持ちに。



黄色なら、(レモン、とうもろこし、パイナップルなど)

リンパと免疫力に効果があり、

不思議に思ったり、思考力を高めます。



緑なら、(ほうれん草、ブロッコリー、アボカドなど)

消化器系、排出器官などを良くし、

プライド、自信、自尊心を強くします。



青なら、(ブルーベリーなど)

呼吸器系に良く、

寛容さ、助け合い、賛同する気持ちを強くします。



藍色なら、(なす、ぶどう、プルーンなど)

血液とリンパの循環を良くし、

愛情、意気揚々、喜びを。



紫なら、(紫芋、紫キャベツ、紫玉ねぎなど)

神経系

平穏、満足、心に安らぎをもたらします。


旬の食材を色を含めてバランスよく選ぶことが大事ですが、自分の気分や体調に合わせたカラーで食材を選んでみるのも楽しいですね。

そっと体に今必要な食べ物を聞いてみるといいですね。

前にも書きましたが、私達は食べ物を食べることによって、間接的に光(エネルギー)を体内に取り入れているみたいです。

そして白い食べ物は全ての光を含むそうです。

バナナやりんごも白い部分が多いため、白色の部類にも入るそうです。

以上は全て、ローフード、ホールフードの野菜、果物、穀物などの食べ物で、精製された白米や白いパンは違いますからねー。。

私に必要なのは、青や紫などのブルー系です!

imageCAHXX8IG.jpg

でもまちがっても、こんなものは食べないように。。(笑)

皆様は何色気分かな?

photogg.jpg


いつも読んでくれてありがとうございます。
応援にぽちっと押してください↓
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
関連記事

Comment 2

2012.04.30
Mon
16:55

珠里 #-

URL

No title

はじめまして。

7色の食材を食べるのって大切ですよね。
そうとはわかっていても、いつも緑ばっかりです。
私には、赤や黄色が不足しているかな。
パプリカ、トマトなど赤い食べ物はいろいろあるけど、パプリカは売っているのは輸入物。
ポストハーベストなど心配です。
できるだけ国産のもので、いろんな色のものを意識して食べていきたいです。

編集 | 返信 | 
2012.05.26
Sat
21:14

maimai #8iCOsRG2

URL

No title

珠里さん
コメントどうもありがとうございます。
私もなるべく国産、地元でつくられた野菜や果物を食べるようにしているので、外国産で美味しそうな食材があってもちょっとためらってしまうときがあります。
でも健康食を楽しみながらずっと続けていくことが一番大切だと思うので、結構いろんな輸入もの(ドライフルーツなど)を買ってますが。。
自分が求めている色の食べ物が見つからない場合は、その色の服を着るという手もあるかも!?ちょっと楽しいですね☆

編集 | 返信 | 

Latest Posts