スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

h u m a n K I N D

 15,2014 18:53
食べたいものは作って食べる。

行きたいところには時間を見つけて訪れる。

やりたいことは何でもトライする。

欲しいものは、欲しー欲しーと常に思っていれば、殆ど手に入る。

日々細々大変な事もあるけれど、自分はとても幸せに暮らしていると思う。

でも一つだけスッキリしないものがある。

何かが喉に詰まったような感覚。

それは日々人間があれこれ楽しくやってる裏側で、たくさんの動物がもがき苦しんでいる暗黒の恐怖の世界が存在していること。

普通に生活していると絶対に見ることのない世界。

一体1秒間に世界で何匹の動物が殺されているのだろうか・・・

実際のところ、ローフードだろうがヴィーガンだろうがそんなカテゴリーはどうでもいい。

とにかく少しでも苦しむ動物が減ってほしい。

人間の健康もそりゃもちろん大切だけど、私はそこにあまりフォーカスしていない。

結局動物がハッピーでいてくれればそれでいいのだ。

はっきり言って、もう人間は十分幸せだと思う。

化粧品が・・・ネイルが・・・小じわやシミが・・・

ビタミンが・・・タンパク質が・・・脂質が・・・

居心地良い空間・・・人・・・終わりのない幸福追求・・・

そんな細かいことを気にしてた時もあった。

だけど、屠殺や殺処分待ちの動物から見た人間の悩みなんて、よく言えば贅沢、悪く言えばちっぽけなものだと思う。

そういう風に考え始めてから、細かいことをいちいち気にすることは(一層 笑)無くなっていった。

食肉になる動物、毛皮になる動物、保健所の動物、動物実験される動物なんかを見ていると、人間である事が恥ずかしく、人間なんか居なくなればいいのにと思う事さえ。悲しいね。

でもそんな暗い話や写真や動画をシェアして相手や自分の気を落としながらも菜食をすすめるのはかなり抵抗があるし、読み手に訴える力も勇気もあんまりない。。

だからそうやっている人たちを心から尊敬しています。

私たちはもっと目の前に運ばれてきた肉がどうやってできたか動画で見た方がいいと思う。

農産物の畑や出荷までの工程、食品の原産国や製造工程はテレビなんかでもよく流れるのに、肉だけは飼育環境すら放送しない。

世間では、感謝すればお肉を食べてよい風の変な絵本が世の中に出回っていて、そういう考え方は本当にこれからの子供にも良くないと思う。

子供は絵本を読むだけでは想像できませんし、お皿に出されたお肉を食べるころにはもう忘れちゃってます。(もともとお肉大好きだった自分が良い例だわ)

しっかり現実を見せてほしい。

食べたいのなら自分の手で子供と一緒に殺さなきゃ。

動物の叫び声を聞きながら。血まみれになってね。

それが出来ないならせめて動画を見よう。屠殺シーンの動画は検索すればいくらでも出てきます。

嫌なら食べないor減らす。

動物を見てかわいーと思う人は見たら食べれなくなるでしょう。親が肉食を教えないと子供はまず食べません。

美味しそ~と思う人もいるかもしれませんが、そういう人は自分で殺して食べればいいと思う。

「お肉を食べるときは感謝してから残さず食べましょう」

それもおかしい話だ。殺された動物は感謝されても困る、ってかどうでもいいはず。

簡単にキレイごとにしてしまうのはカーボンオフセットや1クリック募金等と一緒で国やビジネスが絡んでるだけだし、それで貢献した気になる人々にも疑問を感じる。

最初はこのブログも 普通のヴィーガンブログの様に色んな衝撃の動画などを紹介したりしようと思っていましたが、せっかく来てもらった読者さんにゲンナリさせちゃうのも失礼だなーと思うし、このブログに戻ってきてくれる人は、既に少なからずどこかに共感してくれている方だと思うからもういちいち言わなくてもいいかな、なんて色々考えました。

美味しい野菜料理やヴィーガンスイーツ、菜食がどんなに体や精神面に良いかを訴える方が、興味を持ってくれる人も多いし、軽くトライしてもらいやすい。

楽しく明るい投稿の方が、ポジティブなエナジーもうまれやすい。

でもそんなのん気なことしてていいのだろうか、と最近よく考える。

このブログで綺麗ごとばかり綴ってていいのかな?なんかずるくない?みたいな。。

わたしの本当に伝えたいことはちゃんと伝わっているのかな?

答えはまだすぐには出ないけれど、この気持ちをベースにして日々行動すれば、そのうちまたどうすればいいか答えをもらえるだろう。

keep going and be patient

o0600069512325679661.jpg



関連記事

Comment - 4

2014.05.16
Fri
12:47

aya #wLMIWoss

URL

……(*T_T*) 

全く同感です…胸が痛いし、私も毎日毎日…同じ事を考えています。

いつも、FBから拝見させていただき勉強させていただいてます。

子どもが生まれて…真剣に食に関する事を考え始めました。
学校給食を考える会、というママ達のサークルを作り牛乳廃止を訴えていますが…なかなか難しく行政や地域、学校の壁はまだまだ厚く高いのが現実。

悲しい現実です…

モッツァレラチーズがどうやって作られているか…を知って、かなりショックを受けた我が子。
でも、それでいいと私は信じています。

これからも色々勉強させて下さいね‼
Powerをありがとうございました!
めげずに…頑張って活動して行きます!

編集 | 返信 | 
2014.05.16
Fri
20:39

maimai #-

URL

Re: ……(*T_T*) 

aya様

ayaさん、温かいコメントどうもありがとうございます。

サークルを作って牛乳廃止をよびかけているなんて凄いですね!!!
中々周囲に伝えるのは難しいですが、わたしも見習いたいです!

お子様にもちゃんと現実を見せて選択させるのって素晴らしいと思います☆

Facebook見てくださってるんですか?ありがとうございます。
今後もayaさんの様な方から色々勉強させてもらいたいです。
良かったらお友達になってくださいね(^O^)/
https://www.facebook.com/mai.moufarrege



編集 | 返信 | 
2014.05.20
Tue
01:42

Yoko #-

URL

同感です。

いつも楽しく拝見しています。
先日サイトから雑誌Veggyを注文しました。
プレゼントもつけていただきありがとうございました。

こちらの記事の内容は全く同意で「私が書いた?」と思うくらいでした。
そう。。人間はいいんです。自分で生き方の選択ができる。もちろん苦しんでいる人もいっぱいいるけれど。
心配する人もいっぱいいる。
でも動物ってだけで「人間のために存在する」かのように無残な扱われ方をしている。

貼られた画像。以前にどこかで見たことがあります。
大好きな絵です。
牛さんの目ってなんであんなにかわいいんでしょうね。あんなにかわいい目をした動物に
どうしてあんな事できるんでしょうか。
「感謝すればいい」という人。自分が狂ってることに気づいてない。

でもかつての自分も肉を普通に食べてましたので
非難することはできないです。
食べることは思想なので人が変えられるものじゃない。否定しても反発されるだけ。自分で気づくしかない。

そんな私もまだまだです。
自分ももっと成長しなくては。

いつもこちらのHPの更新楽しみにしてます。
野菜だけでこんなにおいしそうな料理が作れるんだと感動してます。
今後とも学ばせていただきます。よろしくお願いします(*^。^*)

編集 | 返信 | 
2014.05.20
Tue
11:46

maimai #pqiVcsYQ

URL

Yoko様

Yokoさん、ブログご来訪&ショップをご利用くださってありがとうございます!
ちょっとドキドキしながら書いた記事なので、共感していただけたと聞いてとっても嬉しいです!

わたしもこの画像の牛の表情を見ると涙が込み上げてきます・・・

人間も優しい人が多いですが、大切な事を教えない教育やメディアで麻痺している人が多いですね。モノが溢れかえっているのも良くないし、もっと不便な方がいいかもしれませんね。。

菜食は全て(動物、健康、環境)において200%自信を持っておすすめできる食生活なので、これからも出来るだけ色んな方向からみんなに伝えていきたいと思います。

そして同じような思いの方とももっと知り合って、シェアしたり何か一緒に活動が出来ればと思っています。今後とも宜しくお願いします(^^)/







編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。