スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気に入りの食物繊維たっぷりのパン

 27,2014 21:16
オンラインショップでは今日からプンパーニッケルのプレゼントキャンペーンを開催しております!

オーガニックライ麦を使用した、ドイツの伝統的な黒パン。

未精製のホールグレインのライ麦なので、食物繊維もいっぱい!

白い小麦粉を使ったパンなどの代わりに食べています。

マヨネーズやマスタードなど酸味のあるソースと一緒に食べるとなぜかサラミのような味にも感じます。

サイコロ状に切ってサラダにトッピングするのもいいですね♪

pumpernickel_20140227204621408.jpg

すっごく食べ応えがあるので、白いふわふわのパンで慣れている人はちょっとびっくりするかもしれませんが、これこそ昔の人が食べていた本当のパンに近いものなんじゃないかと思います。

こんなずっしり重たいパンを食べていたころには、きっとグルテンアレルギーの人もいなかったはず。

アメリカやオーストラリアの普通のスーパーでも売られていたので、よく食べていました。

特に私が住んでいた町は、ユダヤ教の人が昔から住んでいる地域だったので、コーシャのデリカテッセンやパン屋がたくさんあって、ライ麦、雑穀パン、ベーグルなどが売られていました。

スーパーにもコーシャ専用陳列棚もあって、パン、ピクルス、タヒニ、お菓子類なんかをよく物色していましたね。

なんだこのアジア人は?と思われてたに違いない 笑

黒い帽子に黒いスーツ、長い髭を伸ばした人がぞろぞろいた町でしたが、みんな知的で静かな人たちばかりなので、居心地の良い町でもありました。

私たちは、小さなアパートに住んでいましたが、彼らの住居はものすごい立派でした。

煉瓦や石を敷き詰めて作られた重厚感のある建物、煙突が屋根から何か所も出ていて、一体この家はいくつ暖炉があるのか?ってくらい大きなお屋敷がたくさん並んでいました。

メルボルンで一番好きだったお屋敷↓
7-422-426-Glenferrie-Road-Kooyong-VIC-3144-Real-Estate-photo-1-large-6270605.jpg

お仕事も金融関係やお医者さんなどが多かったですね。

見ていると、家族の絆も深いかんじですね。昔の日本の様に、直系家族的な民族で、今でも代々の家系の連続性や伝統を大切にしている人達が多いように見えます。

きっと移民してきてから代々お家や仕事を継いできて、今があるんでしょう。

色んな歴史や努力もたくさんあったに違いないだろうけど。

あ、世界や国を操るビッグな人達もそういう系ですしね。

時間があればもっとゆっくり彼らの文化や宗教や食生活などを勉強してみたいものです。

pumpernickel_blog.jpg

👆👇よろしくどうぞ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。