クリスマスローディナーとサンタ

 25,2013 22:00
今日はクリスマス。

そういえば日本は祝日じゃないんですね。

オーストラリアでは、スーパーもガソリンスタンドも閉まっていたりしますから1年目は焦りました。

日本は日本でみんな普通に働いているから、ちょっとびっくりしました。

わが家ではいつもよりちょっとばかし時間をかけて夕飯を作りましたよ。

010_20131225205308f70.jpg

フムスのひよこ豆と、主人担当のブレッド以外は全てRAW。

タブリやフムスでレバノンチックなディナーになりました。

011_2013122520531197f.jpg

ピーカンナッツで作った串焼きケバブ。

スパイスの効いたトマトソースと、トップにサジキっぽいヨーグルト風ソース。

オールスパイス、クミン、コリアンダー、スマックなどの香辛料、レモン果汁、ひよこ豆、パセリやミントなんかがあればいつでも中東風の料理が出来ます。

個人的にインド料理より、中東料理、ギリシャやトルコ料理の方がさっぱりしていてローで再現しやすい料理も多いので好きです。

012_201312252053137f8.jpg

プンパーニッケルのカナッペにもナッツチーズを。

食後にローケーキとかなり脂質の多いディナーとなってしまいました。

やっぱりどんなに質の良い脂質でも摂り過ぎは良くないですね。


クリスマス、みんなでディナーを食べてプレゼントを開いてワイワイするのもいいですが、

クリスマスってなんだろう?サンタってどんな人?なんで空を飛んでるの?

などクリスマスについて語ってみるのもいいですね。

わが家は主人が語り手専門なので、聞いてみると、

サンタさんはシャーマンで、アマニタムスカリアという赤と白のマリオに出てくるようなキノコ(オーストラリアでは良く見かけました)を収穫して持ち帰っったり、プレゼントしていたそうです。

サンタさんとトナカイが空を飛んでるわけは、そのキノコは毒性もあるんですが、ある処置を施して食べるとトリップしてしまう幻覚性のあるものだったから。

キノコは暖炉のそばに吊るして干していたそうです。それが今では靴下に。

冬は雪で覆われて家の出口が開かないこともあり、天井の(ティピに似た構造の家)穴から出入りしていたそう。

プレゼントをクリスマスツリーの下に置く習慣も、モミの木の下に生えている赤いキノコが起源なんだって。


こんなキノコ↓

8006.jpg


良い子はマネして食べないように 笑




いつも読んでくれてありがとうございます。
応援にポチッとクリックしていただくと、更新の励みになります。
そして他にもたくさんのローフード情報が見れます♪
     ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
関連記事

Comment 0

Latest Posts