スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重曹とクエン酸の使い分け

 26,2013 21:51
わが家には、しばらく前からシャンプー、リンス、石鹸、歯磨き粉、お掃除用洗剤などがありません。

あるのは、重曹とクエン酸のみ。

シャンプー
ノープーと言って、お湯だけで洗う日と、ちょっとオイリーになったら重曹をつけてシャンプーの様に洗います。
重曹で洗うとサラサラで軽いかんじに仕上がります。

リンス
リンスはしません。重曹だとリンスしなくてもギシギシしないので。

石鹸
以前は毎日しっかりゴシゴシ身体を磨いてたんですが、皮膚が敏感になってしまったので、石鹸もタオル洗いも辞めました。
今は手で撫でながら洗います。2日に1回くらい重曹をつけて洗います。サラサラになります。
お風呂上りは乾燥が気になるところにはココナッツオイルを塗ります。(いい香り~♪)

洗顔もすこーしの重曹を溶かして手の平でやさしく撫でるだけ。

歯磨き粉
最近は何もつけないことが多いんですが、気になる日は重曹を少しだけつけて磨きます。
ペパーミントオイルと混ぜてもGOOD!

洗濯
重曹大さじ3くらいと、過炭酸ソーダ大さじ1を入れて洗います。
柔軟剤としてクエン酸も柔軟剤ポケットに入れるとフワフワに。
エコだし、身体にもいいけど、生乾きの匂いや、カビの防止にもいいです。

お掃除

重曹とクエン酸を主に使用しています。
主にキッチン、洗濯、家の中の普通の掃除用には重曹、お風呂、トイレ、シンクやポットの水垢にはクエン酸を使用します。

重曹とクエン酸は全く違う効果があります。

重曹:アルカリ性
   こげつき、油汚れ、茶渋、食器洗い、生ごみの匂い、排水溝
   

クエン酸:酸性
     消毒、殺菌効果(まな板とか)
     水垢、石鹸カス、トイレの黄ばみや尿石、トイレの匂い、魚の生草臭み、煙草のヤニなど

重曹とクエン酸はまったく違う働きをするので、上手に使い分けてみてくださいね。

水で薄めてスプレーなどに入れたりして使っています。

もちろん一緒に混ぜて使ってもOK!

でも発泡するので密封しないでね。

冷水のボトルに少量の重曹とクエン酸を入れてフリフリすると、自家製炭酸水も作れますよー♪

ボイルしたお湯に重曹入れて、パスタを湯がくと中華麺風にもなります♪ 

こんなかんじで、わが家では重曹とクエン酸をフル活用しています!

クエン酸でペットの頑固な尿石とかも取れちゃうからすごいです。

食用はきめが細かく、非食用はきめが粗いだけで、内容は一緒みたいです。



最近忙しくて、掃除を怠っていたので、これからもっと掃除に励みます(笑)




いつも読んでくれてありがとうございます。応援にウサギをポチッとクリックしていただくと、更新の励みになります。
そして他にもたくさんのローフード情報が見れます♪
     ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
関連記事

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。