焼いたようなローチョコチップクッキー(レシピ)

 19,2013 21:13
ローチョコチップクッキーといっても、ローチョコレートをわざわざ用意するのは大変。

しかも溶けちゃうので、温かいところやディハイドレーターにも入れられないし。

でもローカカオニブでぜんぜん代用可能!

ってか、カカオニブのほうが軽くて美味しい!

006_201309192035386f7.jpg

簡単で美味しいこのローチョコチップクッキー、かなりおすすめです。

材料少ないし、焼かなくてもいいし、ローなのに焼いたみたいにサクッとしてるし、わたしの日常のおやつです。

今日も講習会があったんですが、このローチョコチップクッキー、会場のお庭で一人ピクニックのお供になりました♪

美味しいし、ひとくちサイズなので、辞めれません。

カカオニブってそれだけで食べると結構苦みがあるけど、ドライフルーツやロースイーツに加えて食べるとすごく美味しいですね。

サクサクの秘密は、、、冷蔵庫!

冷蔵庫でラップなしに一晩おいておくとサクッとなります☆

食品乾燥機としても使える冷蔵庫、しかも低温だから安心。

型も人参を花形にする型の反対側を使って型抜きしました。手も汚れない、洗物も少ない作り方です(笑)

002_2013091920353483f.jpg

材料:(ひとくちサイズ25個くらい)

カシューナッツ(紛砕したもの)        1.5カップ
ココナッツフレーク(粉砕したもの)      1カップ
カカオニブ                  大さじ2
メープルシロップ               大さじ2.5
バニラパウダー                小さじ1/2
ヒマラヤ岩塩                 ひとつまみ

作り方:
1)全ての材料をボールに入れて、ポリ袋に手を入れて捏ねる。
2)生地が混ざったら、ポリ袋をひっくり返して、生地を袋の中に入れる。
3)麺棒で袋の上から通常のクッキーのように伸ばす。
4)袋の横側を切ってノート状に開き、野菜の花型の反対側をクッキー型として型抜きする。
5)余った生地をまた一つにまとめて、袋を閉じて麺棒で伸ばし、型抜きする。
6)出来上がったクッキーは、ラップをかけずに冷蔵庫に一晩入れておくとサクッとなります。

005_20130919203536103.jpg

おやつに、お子様に、プレゼントにどうですか?


いつも読んでくれてありがとうございます。
応援にぽちっと押してください↓
Thank you for reading. If you like this page, please press the button below.
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
関連記事

Comment 0

Latest Posts